どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

教育新聞(第56号)

 あなたは、どんな時に、相手を怒るのでしょうか?


人格養成のための<新・教育学>
=対話による、生徒中心の教育=




【自己概念テスト(1)】の結果の検討(つづき)。
    
(1)~(15)・・・・すでに検討済みです。


今号は、(16)を検討します。
          
(16)私は、生徒を、怒る。

 
 A先生と、B(私)が話し合っています。


 B「A先生は、生徒たちを怒ることが,多いのですか?」


 A「そうです。私は、すぐ、生徒を怒るのです!」


 B「どんな時に、怒るのですか?」


 A「そうですね。いろんな時に、怒りますね」


 B「そうですか。A先生は、『生徒を、よく怒る自分』を、どう思いますか?」


 A「難しい質問ですね。そんな事は、これまでに、聞かれた事がないので、どう答えた


 ら良いかさえ、解らないのですが・・・」


 B「では、質問をもっと具体的にしましょう。『生徒を、よく怒る自分』に満足してま


 すか、不満足ですか? あるいは『生徒を、よく怒る自分』を、好きですか、嫌いです


 か?」


 A「もちろん,そう言う自分が、嫌いです。怒った後、生徒も、私も不愉快になるので


 すから」 
    
 B「そうですか。それでは、出来れば、『怒らない自分』に,変わりたいのですか?」


 A「そうです。すぐにでも、変わりたいのです。でも、人間の性格は、一生,変わらな


 いですよね?」


 B「とても、むずかしいことですが、自分自身の力で変わることが出来るのです。


 これは事実です」。


 A「ほんとですか! 私は、<人間の性格は、もって生まれたものだから、


 変わるものではない>と思っていましたが、ほんとに、変われるの


 ですか?」


 B「変わることが出来ます。


 もし変わらないとしたら、教師の仕事とは、何でしょうか?


 教師の仕事は、生徒と付き合いながら、生徒の人格、性格を、より人間的な、より健全


 な方向に、変える事ではありませんか?」


 A「確かにそうですね。持って生まれた性格が、変化しないとしたら、教師による教育


 活動は無意味だ、と言うことになってしまいますね」


 B「おっしゃる通りです。


 それに、A先生は、ご自分が担当している生徒達の性格が、どんどん変化して行くのを


 日々、実際に、ご覧になっておられますよね」


 A「落ちつきのない生徒が、見違えるほど落ちついて来たりしますからね」


 B「そうです。私も子供達のすばらしい成長には、いつも感動しています。生徒たち


 は、日々、何かしら、少しずつ、成長しているはずです。


 ですから、持って生まれた人間の性質は、一生、変わらない、と言うA先生のお考え


 は、間違いだと思いますが、いかがでしょうか?」


 A「確かに、私の考えは、事実に反していますから間違いです」


 B「ご自分の考えが、間違っていたことを認められるのですね」


 A「認めます。いつの間にか、間違った考えを、勝手に思い込んでいたようです。


 ただ、ここで、疑問が出てくるのですが・・・」


 B「では、次号で、その疑問を、ご一緒に考えたいと思います」(つづく)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご感想、ご質問などを、心よりお待ちしています(どんぐりおじさん)。
ブログ   http://donguriojisan.muragon.com/
メール   takano2424@sky.plala.or.jp







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。