どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています

<新・教育学>(その9)

    人格養成のための<新・教育学>(その9)
         =対話による、生徒中心の教育=




                         【1】実践論


(1)まえおき
いよいよ、私達は、実践のための<具体的な方法>の研究を始めます。
この研究は、おとな(教師 や親 )が<子供の人格養成>を促進するための、
具体的で実践可能な方法を発見するための研究です。


このような方法が発見され、その方法が おとな によって、たとえ不十分で
あっても、実践されなければ、あるいは、実践しようと努力されなければ、
学校や家庭での、子供に対する おとなの態度は、不明確な漠然としたもの
になってしまい、多くの困難にぶつかってしまうでしょう。


そうなれば<子供の人格養成>は、残念ながら、不十分なものになってしま
うでしょう。


反対に、もしも、これからの研究によって、有効な実践方法が発見でき、
おとな のリードによって、たとえ不十分であっても、< おとな> と
<子供>が協力して実行されるならば、両者は人間的に成長し、それにと
もなう大きな喜びが、両者の間にかならづ生ずるのです。



(2)教育の場
教育の目的は、ただ一つ、<子供の人格養成(人間形成)>です。<子供の人間形成>
です。
知識教育は、そのための補助手段に過ぎません。


子供の人格養成>は、すべての子供が、持って生まれた潜在的能力を発
揮しながら、子供自身が、時間をかけて、ゆっくりと<教育の場(学校、家
庭、幼稚園、ほか)>で実現して行きます。


*ただし<教育の場>には、かならず、おとなが存在して、おとなから与え
られた<自由な雰囲気>が必要です。


子供の人格養成>は、家庭、幼稚園、学校などで実践されますが、話を簡
潔にするため、これからは学校(時に家庭)の場合を考えることにしましよ
う。



(3)具体的な実践方法は、<対話>です。
学校の中での<生徒の人格養成>は、大部分、先生と生徒の<対話>によっ
て実行されることは明らかです。


ですから<生徒の人格養成>と言う教育目的を、先生が有効に促進する実践
の方法は、<対話>とは、どのようなものであるか、を研究することによっ
て発見することが出来るでしょう。




(4)<対話の場>
ここで<対話の場>と言う概念を設定します。


対話の場>には、一人の先生と、一人の生徒が、向かい合って<対話>を
しています。


先生は、この<対話の場>に、<自由な雰囲気>を作り出し、<生徒の人格
養成>を促進しようと努力します。


自由な雰囲気>については、以前、すでに研究がすみました。


一人の先生が、二人以上の生徒に向って話をしている場合は、どうなるので
しょうか?


その場合でも、実際は、先生は、生徒一人、一人を、見ながら話をしている
のですから、この場合は、<対話の場>が、同時に、二つ以上あるだけです
(同時に、二人の生徒を見る事が出来たとして!)。


結局、研究の対象は、ひとつの<対話の場>だけで十分だ、と言うことにな
ります。




(5)<対話>の研究=<人間関係>の研究=<コミ
ュニケーション>の研究。


先生と生徒が、<対話の場>で<対話>を始めました。


さて、ここでは、具体的に、何が、行われているのでしょうか? 何が、
起こっているのでしょうか?


次回は、皆さんと一緒に、その辺を研究したいと思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


      どんぐりおじさん

          


ご感想をお寄せ頂ければ嬉しく思います。お待ちしています。
             takano2424@sky.plala.or.jp

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。