どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

人間関係とコミュニ ケーション(第47回)、10月29日 ~

家族の人間関係は、<気持ち(心)の交流>によって、少しずつ、豊かになって行くでしょう!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  人間関係とコミュニケーション(第46回) ・2017/10/23 09:22


特集


今朝、こんな事が、あったのです。


僕は、毎朝、近くの小学校に登校します。防犯・交通安全PTのボランテイアーです。もう、21年になります。民生・児童委員になったとき、学校の依頼で始めた活動です。
朝、7時30分にいつものように家を出ました。校門に鍵がかかっていました。やむなく、裏口から職員室の窓口にいた先生に、僕は「生徒が、来ませんね!」と言うと、「今日は、10時20分登校にです」とのこと。


学校からは、この事の連絡は、僕に何もありませんでした。


僕に対する、学校の対応を、この記事を読んで下さった
皆さんはどのように感じられるでしょうか?どのように思われるでしょうか?


皆様のご感想をお聞きしたいと願って、この<特集>を書きました。


どうぞ、皆様の率直なご感想をお気軽に、数日中に教えて下さい。


宜しくお願い致します!!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
僕は、上記<特集>に対するご感想を皆様に願いしました。
お二人の方が、次のようなコメントをお寄せくださいました。ほんとに有難うございました。


Aさん
「学校があなたに連絡しなかったのは、大問題です! 毎日、自分の学校の生徒のために働いてくれている地元の方達に,このような時に連絡するのは常識です!」。


Bさん

「学校には、このようなときに関係者に連絡する係りがあるはずです。その係りの先生の完全な連絡ミスです」。


今、これをお読みの皆さんは、<特集>に対して、どのように
感じられるでしょうか?


僕が感じたこと

朝、僕が感じたことは、強い怒りです!!
後で、学校に「次からは、このような時には、連絡して欲しい」とお願いしました。でも、通じませんでした。またしても
怒り!! ギブ・アップです。


今回の事件から、僕は、多くの事を学びました。


これで、<特集>を終わります。次回から本筋を再開します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


         どんぐりおじさん
   
        takano2424@sky.plala.or.jp


           

            










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。