どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

教育新聞(第42号)


 心のスクリーンに、つぎつぎ映し出される自分の気持
    感じ取ることが、自分自身を知るために
        何より重要でしょう!!


           人格養成のための<新・教育学>
                        =対話による、生徒中心の教育=


   

                     



人間の性格
    (6-3)「自分」に関するデーターを収集する方法

                   (6-2)で述べたように、「自分」に関するデーターは、
                     自分の心のスクリーンに、一瞬、一瞬、コトバになって、
                    次々と、映し出されます。


                   感じたり、思ったり、考えたり、迷ったり、判断したり、
                いろいろです。


       たとえば、今、私が、ビールを飲んでいるとします。
                何が、心のスクリーンに映るか、見てみましょう!


      「今、おれは、ビールを、飲もうとしているな」
      「これは、麒麟の発泡酒だな。」
      「おれは、麒麟の発泡酒が、サッポロより好きなんだなー」
      「さー! これから飲もう!」
      「今、おれは、コップに、ビールを注いでいるなー」
      「いやー、よく冷えてて、うまい!」
      「甘いし、にがいし、冷たいし、実に、うまい」
                        ・・・・・・・・・・・・
                        ・・・・・・・・・
      「もうー、500CCを、2本も飲んだなー」
      「もう、満足したから、これで飲むのは、オシマイにしよう」
      「何だか、眠くなってきたよ」


                  一瞬、一瞬、「自分の心」に映し出される「自分のコトバ」を
               キャッチする事は、誰にとっても、とても難しいことなのです。
               サッと、感じ取らないと、アッという間に、消えてしまうからです。
              そして、2度と、同じものは、出てこないからです。


              強い感受性と、強い集中力が要求されるのです。
            ですから、私達は、感受性集中力を高める訓練を、根気良く、
            継続しなければなりません。


              そのための実践方法が、つぎのページに書かれています。
            これを継続して実行し、自分に関する多くのデーターを
           集めて欲しいと思います。


              さらに、このデーターを分析し、その時点での、自分の性格(性質)を、
    ある程度、知ることが出来るでしょう。


    「自分を知ってゆく」という事は、
   「自分を、人間として成長させて行く」という事です。


    これは、一生かかる難事業です。
   しかし、この道でこそ、真の喜びと真の幸福が発見されるに違いない、
   と私は思っているのです。


   「仏陀や、心ある先人が歩いた道は、この道と同じだ」と
   私は思っているのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~     
「自分」に関するデーター収集法 
               
  (1)目的
    「今の自分が、どのような人間なのか」、
    「今の自分の性格(性質)は、どのようなものか」を
      知るため、今の自分に関するデーターを収集すること。


  (2)その方法
     サー、やってみましょう!
                           
   (2-1)一瞬、一瞬の、自分の、
身体的外部状況を知るため、
       つぎの[・・・]の中に、コトバを、入れて下さい。 


      「今、わたしは、[・・・]を、やっている。
            
     例 *「今、わたしは、横断歩道を歩いている」。    
       *「今、わたしは、本を読んでいる」。      
       *「今、わたしは、階段を、降りている」。    
       *「今、わたしは、めがねを、ここに、置いた」。


    (2-2)一瞬、一瞬の、自分の、心的内部状況、を知るため、
       つぎの[・・・]の中に、コトバを、入れて下さい。 


      「今、わたしは、[・・・]と、感じている」。      
      「今、わたしは、[・・・]と、願っている」。     
      「今、わたしは、[・・・]と、思っている」。     
      「今、わたしは、[・・・]と決めた」。
      「今、わたしは、[・・・]と疑問に感じている」。などなど。
          
        注)<心的内部状況>とは気持(感情)、願い、希望、思考、
          判断、決定、疑問などの、すべての心的活動をさす。  
              

      例 *「今、わたしは、うれしい、と感じている。」     
        *「今、わたしは、お茶を飲みたい、と願っている。」  
        *「今、わたしは、買い物に行こう、と思っている。」  
        *「今、わたしは、買い物に行くこと、に決めた。」  
        *「今、わたしは、これは、何だろう、と考えている」。 
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   ドングリおじさん     
            takano2424@sky.plala.or.jp
                                          http:/donguriojisan.muragon.com/         


                   
      


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。