どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

対話中心の <新・家庭教育論> (第9回)


対話中心の家庭教育論


      (0歳~12歳)



        


【Ⅱ】子供の成長に役立つもの(つづき)                         
(4)目の前にいる子供を、よく見る聴く話す感じる


 あなたは、今、目の前にいる子供を、よく見て、目を見  て、誠実に子供の発言を聞き、対話すること。


 そうすれば、子供も、あなたの目を良く見て、真剣に、あな たと対話します。


 今、子供が、やっていることを、よく見ること。良く観察 すること。
                
 
今、子供が<何を感じているか>、<どうしたいと願って いるか>を感じ取ること。


 想像するのではなく、感じ取ること。
 これは、なかなか難しい能力(感受性)です。



 あなた自身が、その時、その時の、自分の感じや願いを感じ 取る能力がないと、むずかしいのです。


 後の回に書いた<生き生き・トレーニング>をやって、こ  の能力を育てて欲しいと思います。
 マイペースで努力すれば、この能力は、少しずつ向上して行 くでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どんぐりおじさんの    
 【気がかり、なんでも、相談室】(もちろん無料)
            (開設・・H29-6-17)

   「 チョット、話してみようかな」と思う方、
        お気軽に、どうぞ!


    

           

                                              一人で考えるより、二人で!



     相談内容・・・教育、人生、その他、何でもOK。



     *メールでお知らせ下さい。
           takano2424@sky.plala.or.jp



     秘密は、厳守します。



     かならづ、すぐ、返信致します。


          





                                                                                                                                                        
                                               















お気軽に、どうぞ!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。