どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

教育新聞(第71号)

       人格養成のための<新・教育学>
        =対話による、生徒中心の教育=

                             



「あなたは、こんな時、どうしますか?」(つづき)
     =ケース・スタディ=


 (9)生徒が、水を無駄にして、手を洗っている時。
  

          

 私は、大声で、叫びます!
  「早く、水を止めな!! 水が、もったいない!」。



 水に限らず、物を大切にするよう、たえず、いいます。
 「習慣づけ」です。


 「紙は、裏も、使いなさい」。
 「教室の電気も、休み時間は、消して」(日直の担当)。
 「鉛筆、消しゴムなども、小さくなるまで、使いなさい」。
 「かさ、運動靴、洋服なども、次々、買わないで!」。
 「修理出来る物は、修理して、使えなくなるまで、使っ    て!」。

 ・・・・・・・・・・・・・・。
  など、など。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 コメントをよろしく!どんぐりおじさん
     メール  takano2424@sky.plala.or.jp
                     ブログ  http://donguriojisan.muragon.com/
  






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。