どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

教育新聞 (第66号)

  人格養成のための教育学
      =対話による、生徒中心の教育=

        



「あなたは、こんな時、どうしますか?」(つづき)

    =ケース・スタディ=


(4)授業中、生徒がオシャベリをしている時。

         

 私なら、こうします。
 
しばらく様子を見ます。数分以上続けば授業の妨げになる  ので、
 「授業が出来ないので、静かにしなさい」と注意します。



 それでもやめなければ、強く注意します。腹が立っていたら 怒ります(相手によりますが)。
 「廊下に出なさい!



数分でやめれば、問題にしません。私は、これ位の事は許されてよいことだ、と思うからです。



授業中に、オシャベリをしてはいけません」とは、絶対に 言いません。こんなことを言えば、生徒の心に「授業中のオ シャベリは、悪いことだ」と言う、有害な道徳観を植え付け るからです。
                       
さー、あなたなら、どうしますか? なぜ、そうするのですか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
お気軽にご感想をお寄せ下さい(どんぐりおじさん)。
    
ブログ   http://donguriojisan.muragon.com/  
    メール   takano2424@sky.plala.or.jp

              




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。