どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています

「先生! 僕を もっと感じてよ!」

「先生! 僕を もっと感じてよ!」


        

 
先生と生徒の対話です。


ケース(1)
S「僕、トイレに行きたい!」(授業中)。
T「授業中に、とんでもない! がまんしなさい!」。
S「でも、がまんできないよ!」
T「あと、10分だから、がまんしなさい」。
S「あーーー! もうダメだ!」


ケース(2)
S「僕、ニンジン、きらいなんだよ!」。
T「好き嫌いは、よくないよ! がまんして、ちゃんと食べなさい」。
S「でも、食べると気持ちが悪くなりそうだから、食べたくない!」。
T「気持ちが悪くなりそうだと思うから、食べられないんでしょ!」。
S「そうじゃなくてさ、何だか、食べるのが恐いんだよ!」。
T「食べるのが恐いなんて,君は変だね」。


あなたは、この対話をどう感じますか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


      どんぐりおじさん


         





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。