どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

人間関係とコミュニケーション(第42回)・・10月4日~

夫婦の人間関係は、<気持ち(心)の交流>によってのみ、少しずつ、豊かになって行くでしょう!



(8)夫婦関係(つづき)


     



(8-6)夫婦愛とは(つづき)


(イ)夫婦愛とは、なんでしょう?(つづき)
何もかもが違う(少しは、共通点もあるでしょう)二人が、一緒に生活を続けていくことは、二人の忍耐努力が必要なはずです。
お互いに不満があるにも拘らず、お互いが逃げ出さないで、夫婦ゲンかをしたり、泣いたり、笑ったり、喜んだり、悲しんだりしながら、二人が、実際に生活を共にしています


<この現実の、結合、絆、そのもの>が、<夫婦愛>と言えるのではないでしょうか?

別な言い方をするならば、二人が一緒に生活を続けていること事態が、夫婦愛の力によるものではないでしょうか?

夫婦愛がなければ、二人が一緒に生活を続けて行くことは出来ていないのではないでしょうか?

二人が一緒に生活を続けて行くことが出来ているのは、夫婦愛が、既に、存在している証拠ではないでしょうか?



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ナイス、ご質問、ご意見などをお気軽にお知らせ下さい。


         

     どんぐりおじさん
                      takano2424@sky.plala.or.jp


   
















×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。