教育新聞 (第78号)


  人格養成のための教育学>         =対話による、生徒中心の教育=


       



       
「あなたは、こんな時、どうしますか?」(最終回)
     =ケース・スタデイ=


 (16)ある女生徒が、私を、蹴る時。


  これは、私の体験談です。

その体験を、出来るだけ,そのまま書いて見たいと思います。


 登校時のこと。1年生の女生徒。顔も、体も、歩き方も、話し  方も、とてもコワバッテいます。

強い緊張が、感じられます。


   私は、毎朝、昇降口に立って、防犯活動をやっています。
 彼女は、毎朝、私の前を通り、下駄箱の方に入って行きま  す。


 その瞬間、私の足を思いっきり蹴って、逃げて行きます!!


 私は、怒って、大声で叫びます! 
 「痛いでしょ!! そんなに強く蹴ったら!!!


 ほとんど、毎日、こんな事が、繰り返されました!
 約、1年ぐらい、続いたかと思います。


 私のスネは、少し紫色になりました。


 ある朝、彼女が、向こうから、私の方に歩いて来ました!

           

 私は、ビックリしました!
 彼女の全身から感じられた、あの緊張感が、まったく無い
 のです!!
 あの強張った恐い顔が、フクヨカで、かわいらしくなってい たのです!


 この激変に、私は、ほんとに、ビックリしました!
 感動しました!


 しばらくして、「よかったなー!」と思い、嬉しくなりまし た。


 私は、なぜ怒ったのでしょうか?



 私が怒ったのは、彼女の蹴りが、痛かったからです。
 私に、痛い思いをさせた、彼女のその行為を許せなかったか らです。


 <蹴る事が悪いことだ>とか、<子供がおとなに乱暴するの は、良くない事だ>と言った、道徳的判断では、ありませ  ん。

 私には、そんな道徳観は、ありません。


 このケースから、私は、次のことを再確認したように思い  ます。


 <おとなが、真剣に、その瞬間の、自分の実感を、子供に伝 え続ければ、子供の中に潜んでいる、健全な潜在能力が、い つの日か、現実となる>。




さー、こんな時、あなたは、どうしますか?  
    なぜ、そうするのですか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 コメントをよろしく!(どんぐりおじさん
          メール  takano2424@sky.plala.or.jp
          ブログ  http://donguriojisan.muragon.com/


                                                                                            


      


             





             


 





 




             




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。