どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

教育新聞 (第62号)・・・中篇

   人格養成のための教育学
      =対話による生徒中心の教育=


         



自己概念の検討(つづき)


(24)「私は、生徒の成長を願い、見守っている」。
 先生のこの態度が、最も基本的な、最も重要な先生に求められる資質ではないでしょ うか?


 この態度は、生徒に自由を与えています。
 生徒をひとりの人間として尊重しています。
 生徒が、自発的に、動き出す事を、大切にしています。


 この態度が、先生と生徒の関係に、一番求められる条件だと思います。
     
 しかし、先生がこの態度を持ち続けう事は、容易ではありません。
 なぜなら、先生の強い忍耐力が、必要だからです。
 ツイツイ、自分の方から旗を振って、「こっちに、おいで!」と言いたくなるからで  す。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。