どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています

中教審議会の答申素案の実現のために(第3回)

中教審議会の答申素案の実現のために(第3回)



                            

   
                                教員の皆さん!


ただでさえ<超・忙しい>のに、新たに道徳や英語が義務付けられ、ますます仕事に追いかけられ、自宅まで持ち帰る<超・超・忙しい>、つらい毎日を過しておられる事でしょう!



12月6日、中教審議会の答申素案が発表されたことは、ご存知の通りです。


ところが、何と、風船が空に上がっただけで、具体的実行計画が、まったくありません!
中教審議会の答申素案は、今のところ、絵に描いた餅ではないでしょうか!


さて、不満を言っているだけでは、教員の皆さんの危機的な現状を解決する事は出来ません。
中教審の次の発表を、ただ待つのではなく、今、私達に出来ることをやりませんか?


そこで、ご提案です。



          教員の皆さんへのご提案。


つぎのテーマで、あなたの投稿をお願いしたいのです。


そのねらいは、<超・忙しい>現状を改善するため、情報を共有し、お互いに今の苦境から抜け出すことです!




                               テーマ


(1)中教審議会の答申素案を読んでの、あなたのご感想。


(2)<超・忙しい>現状を改善するための、あなたの具体的意見。


(3)<超・忙しい>現状を改善するため、あなたが、既に実行していること。


(4)<超・忙しい>現状を改善するため、あなたが、これから実行したいこと。


(5)あなたが、現在、困っていること、悩んでいる事。


(6)あなたの学校が、<超・忙しい>現状を改善するため、既に実施している改善策。


(7)あなたの学校が、<超・忙しい>現状を改善するため、これから実行しようとしている実行計画案。


(8)その他。



ふるって投稿下さる様、お願い致します。
その際、お名前をコメント欄で、お知らせ下さる様、お願い致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


      

    どんぐりおじさん
    (教育心理研究者。82歳)












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。