どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています

「先生の言うとうりにしなさい!」(2)

    「先生の言うとうりにしなさい!」(2)

 

                                      


(2)支配欲と価値観。
支配欲は、生徒を自分の価値観どうりに、動かそうとします!


「君が悪いから、ケンカになったんだから、あやまりなさい!」。
「君は掃除当番なのに、ちっともやらないじゃないか!」


この先生は、生徒を冷ややかに見ています。
監視しています。
いつも、イライラして、落ち着きません。
怒ってばかりいます。


まわりの生徒たちは、緊張しています。
不愉快です。


生徒は、先生は正しい、と思っているので、先生の価値観を、自分の中に取り込んでしまうでしょう!



(3)この先生の価値観は、どのようなものでしょうか?
それは、言うまでもなく道徳観>です。
<善悪観>です。


先生の<道徳観>は、生徒の人格形成を妨害する、強力な鉄の鎖です!
                        (つづく)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

      
          どんぐりおじさん


        

             








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。