どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています

3色のより糸 (第5回) 最後

                 3色のより糸 (第5回)  

        

                                           


<3色のより糸>(まとめ)
(Ⅰ)<3色のより糸>とは次の3本です。
    (1)発言の<事柄。内容>。
    (2)発言に含まれている<気持ち(感情)>。
    (3)発言に含まれている<願い希望>。


(Ⅱ)<3色のより糸瞬間、瞬間、湧いては消える、泉の如し!
   同じものは、2度と現れません。


(Ⅲ)<3色のより糸は、その人が生きている限り、未来に向って動いて行きます。
   川の流れのように。


(Ⅳ)<3色のより糸は、人間の<心のスクリーン>に、言葉で映し出されます。


(Ⅴ)<3色のより糸>には、その人の<心の質>であるパーソナリテイ(人格、性質)   が、必ず現われています。


(Ⅵ)<3色のより糸>を、瞬時に感知するには、強い集中力と、敏感な感受性が必要と   なります(これについては、僕の<新・教育学>を参照される事を願っています)


(Ⅶ)集中力と感受性を高めるためには、生涯を通しての努力が必要となります。
                                 (おわり)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


      どんぐりおじさん
    

       






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。