どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています

愛してよ!(第2回)     

     愛してよ!(第2回)


        


(3)幼児期の
幼児期の子供は、無力です。ですから、身の回りのことは何でも、母親に世話をして貰わねば生きられません。


さらに、身の回りの世話以外に、重要なものを子供は求めています。
それはです。
(ここで言うの意味は、既に(第1回)で述べました)。


主に母親から、愛される事を熱望しています。


与えられたは、その後の人生を通して、子供が健全に成長して行くための<心のエネルギー>となります。


残念ながら、子供が母親から、を与えられない場合、あるいは、不十分である場合、子供は、神経症的傾向を発症するであろうことが、信頼できる心理学者達によって、立証されているようです。


幼児期の子供は、叫んでいます!
「ママ、私を愛して頂戴!!」と。(つづく)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


どんぐりおじさん









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。