どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています

「許す」とは?(4)      

「許す」と言う事に付いて、研究しています。
この記事より、シリーズ<新教育学>に興味のある方は、こちらを
クリックして下さい。 http://foresta.education                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


         


(1)「自分に関する、許せないこと」とは、何でしょう?
   僕の場合
   (1-1)後悔(他人に対して)。
      例「おれは、あの時、何であんな情け無いことを、あの人に
        してしまったんだろう! ほんとに申し訳ないことをし
        てしまった! あんなことをした自分を許せない」。
         
       *思い出された時、しばし、憂鬱になる。


  (1-2)失敗(自分に対して)。
      例「アー、何でこんなことを、オレはやってしまったんだ!」
       「アー、何でこんな事が、オレは、出来ないんだ!」。


       *自己嫌悪!! 自己否定!! 自分が、イヤになる!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は、ここからです。


(2)「他人に関する、許せないこと」とは、何でしょう?
   ・・・その人への、憎しみ、怒り、恨み、つらみ、・・・。
        (強いネガティヴな感情)。


    例「Aさんは、あんなひどいことを、私にやった(言った)!
      許せない!」


      *Aさんに会ったり、思い出したりすると、怒り、憎しみが
       湧き起こる! 


(3)考察。
   結局、自分や他人対する許せない事件は、すべて過去のことです。
  その過去の事件が、今も、尾を引いて 心に強く残っているのです。


  このような<心に強く残っている過去のネガティヴな感情>から自分を
  解放するには、どうしたらよいのでしょうか?


 (3-1)自分が引き起こした<後悔や失敗>を、自分に許してやろう。
      「あの時は、あれしか、自分には出来なかったのだから、仕方
      がないよ。自分を責めるのは、よそうじゃないか。自分を許し
      てあげようよ。自分が、自分を許さなかったら、一体、誰が、
      自分を許す事が出来るんだい」と。


 (3-2)自分を傷つけたあの人の行為を許してやろう。
     「あの人は、あー言う人なんだ。それに、自分だって、同じよ
      うなことを他人にやってるじゃないか。だれも、未熟な人間
      なんだから、お互い様だよ。いつまでも、あの人を責める
      のはやめようよ」と。
                (おわり)


 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


          どんぐりおじさん

          


                            
                                    








   

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。