どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています

道徳科の評価(その3)=NHK「クローズ・アップ現代」より。。

    道徳科の評価(その3)・最後・
  =NHK「クローズ・アップ現代」より=


    

NHK第1「クローズ・アップ現代」(H30-4-23、22:00~
22:25、放送)は、道徳教育全般と道徳の評価について、文科省の見解を問い、回答を得ました。


その文科省の見解は、先生方が<授業の進め方>、<評価の仕方>を考える際に役立つに違いない、と私は感じました。
私としても、賛同できる見解です。


以下、その内容をお知ら致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


文科省の見解(カッコで示す)
(1)道徳の授業の進め方について。
「先生の価値観の押し付けにならないように、指導方法を工夫して欲しい」。
「子ども達が、価値観について<考え・議論>できる授業を目指して欲しい」。


(2)評価について。
「通知表には、他の子供と比較せづ、その子自身の成長を記述して欲しい。点数では評価しないで欲しい」。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
どおんぐりおじさん








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。