どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています

<一日・一言>(その29)

その日、言いたくなったことを、一言づつ、綴ります。


        <一日・一言>(その29)


この世に<美しいもの>など、ありません。


この世に<美しいもの>など、ありません。
あるのは<美しいと感じる心>、<美しいと感じる感受性(感受力)>があるだけです。
これさえあれば、身の回りに、美しいものは、あふれているのです。
にんじんの、あのオレンジ! 枯葉の毛細血管! ビールをコップに注いだとき、刻々変わる、泡の動き、琥珀色! 天空! 日の出!・・・・。


散歩に行くとき、僕は、虫眼鏡を持って行きます。虫眼鏡で見る世界には、別世界の美が広がっています!!


<美しいと感じる心>、<美しいと感じる感受性(感受力)>を高めてください!
これが、肝要です。
そのためには、どうすればよいのでしょうか?
よく見る事、しっかり感じる事。
これだけです。

でも簡単ではありません。
刻々の努力を続けることによってのみ、少しずつ、これらの能力が高まるのです。
大事なのは、やろうとする気持ち・意欲です。
美しいものを感じる生活は、実に豊かです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     どんぐりおじさん
   











       








   この世に<うまいもの>など、ないのです。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。