どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています

<一日・一言>(その21)

その日、言いたくなったことを、一言づつ、綴ります。



    <一日・一言>(その21)



  <私が、今、やりたいこと>を、抑制するもの。
                            
ブレーキ



         <総まとめ>(その2)


   ブレーキ(2)・・・他人の眼


「私が、今、やろうとしていることを、他人は、どう見るだろうか? 変に思われたらイヤだから、やるのはよそう」と決めた時、ブレーキが掛かってしまったのです。


この時、私は、自分がやりたい事より、いるか、いないかもわからない他人が、気に入るであろうを選択したのです。



ブレーキをかける前に、私は、チェックします。


)「他人は、私のことなど、ほんとに気にしているのだろうか?」。
「私が思っているほど、他人(特定の人、あるいは、漠然とした一般人)は、私のことなど、気にはしていないかもしれないのだ」と気付けば、ブレーキは掛からない!


(2)「私が、今、やりたいことを、他人がどう思おうと、私はやるのだ! これは、私にとって、とても大事なことなのだ!」と勇気を出して決断した時、ブレーキはかからない。


チェックした上で、ブレーキを掛けるか、否か、は、私の勝手だ!


安易にブレーキを掛けたら、私は「井の中の蛙」となる。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     どんぐりおじさん


       












×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。