どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています

     <一日・一言>(その20)

その日、言いたくなったことを、一言づつ、綴ります。



        <一日・一言>(その20)



<私が、今、やりたいこと>を、抑制するもの。
                               
ブレーキ


         <総まとめ>(その1)



これまで、10回にわたって、<私が、今、この瞬間、やりたいこと>を、抑制するブレーキとは何か、を研究してきました。
これでほぼ出つくしたと思われます。
そこで、今回、その総まとめ(ポイントのみ)をして、ブレー論を終わりにしたいと思います。


詳細は、本文をご覧下さい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ブレーキ(1)・・道徳


道徳は、すべての人間の心の中に存在しています。
道徳は価値観であり、人間の言動の判断基準として働いています。
大部分の道徳は、自分の経験の集積から出来上がった自分自身の考え、価値観ではありません。
外から、人間の中に、いつの間にか侵入して来たものです。
ですから、自分自身の生活を良く観察し、自分の知性、理性に照らし、もう一度、考えて直してみなければなりません。
他人のフンドシで、相撲を取ると、喜びも悲しみも、希薄なものになり、生き甲斐がなくなってしまうからです。



要は、
他人が作った道徳(他人の考え)に支配されない事。
自分が作った道徳(自分の考え)で、生きる事。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    どんぐりおじさん


      





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。