どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています

<一日・一言>(その9)

その日、言いたくなったことを、一言づつ、綴ります。



                   <一日・一言>(その9)




 <やりたいこと>を、抑制するもの


     ブレーキ(その1)




今、この瞬間、私がやりたい事を、やろうとする時、それを抑制するもの、が、ある

それが、ブレーキです



ブレーキとは、何でしょう?



いろいろあるけど、その親分は、道徳!!



嘘をつくな!
ケンカは、いかん!
不倫は、いかん!
国を、愛せよ!
人を、殺すな!


きりがない。




道徳は、私の心に、ある。



私が、いつの間にか、私の知らぬ間に、{<>から、取り入れてしまったもの}だ。



道徳は、私が考えて、決めたものではないのだから、この事は確かだ。



だから、もう一度、道徳を、私が、考え直さねばなりません。


外から来たもの>を、鵜呑みにするのは、危険極まりないから。


何を基準にして、物事を判断するかに、自分の幸・不幸が掛かっているのだから。


道徳は、強力な判断基準である。





例えば、<嘘をつく>のは、本当に悪いことでしょうか?


自分として、よくよく考えねばならない。




私の、現時点の結論は、こうです。


「私は<嘘をつく>のは、悪いことだ、とは考えない。


いつでも、どこでも、適用できない考えだ」。


時と、場合で<嘘をつく>ことは、役に立つ。


自分のためにも、他人のためにも!



「嘘も、方便」です。



「そんなバカな!」と言う人がいたら、その人に聞きたい。
「あなたは、嘘をついたことは、ありませんか?」と。


その人が、「嘘をついたことは、ありません」と言う。
これは、嘘に決まっている!


人間、誰しも、嘘をつかないで、生活が出来るはずがない!


嘘を付いた方が、良い場合も、実際に、あるのだ」。



すべての道徳律、ひとつひとつを、各自が、考えて欲しい!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


     どんぐりおじさん


       





















   


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。