どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

お母さんのための<生き生き・子育て術>(第1回)

    お母さんのための
生き生き・子育て術

    



(1)はじめに
お母さんの願いは、体も心も元気な、生き生きとした子供を育てることです。



お母さんだけでなく、家族の皆さんが、それを
願っています。



でも、やっぱり子育ての中心は、お母さんです。
一緒にいる時間も、一番長いし、精神的な影響も一番強いと、私は考えているからです。




そこで、ここでは、お母さんだけが登場します。


<生き生き・子育て術>の目的は、生き生きとした子供を育てる事です。


お母さんは、生き生きとした子供を育てるために、どのように子供と付き合えばいいのでしょうか?


私は、この事を、これからお母さんと一緒に考えたいとと思います。




さて、ここでお願いが、二つあります。



①私の考える<子育て術>を鵜呑みにしないで欲しいのです。
疑問を持ちながら、読んで欲しいのです。
そして、あなたなりの<子育て術>を創作して欲しいのです。



②ここに書かれている<子育て術>の中に、あなたが「なるほど」と思えることがあれば、それを実践して欲しいのです。
そして、あなたの眼で、その効果を確認し「OK」なら採用し、「NG」なら、不採用の理由を私に知らせて欲しいのです。
その時は、私はかならずあなたにご返事します。


**あなたのご意見を、お気軽にお寄せ頂ければ何より嬉しく思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


     どんぐりおじさん

      

           <a href="mailto:takano2424@sky.plala.or.jp">takano2424@sky.plala.or.jp</a></span></strong>











     






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。