どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

人間関係とコミュニ ケーション(第58回)、11月25日~

家族の人間関係は、<気持ち(心)の交流>によって、少しずつ、豊かになって行くでしょう!



          (9)家族関係
      =家族の幸福を求めて=

              

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


(6)家族関係におけるコミュニケーション
      =そのプロセス=


今、AさんとBさんが、対話をしています。
私達は、その時の、プロセスを分解して研究しています。



                              


           Aさん     Bさん(Aさん以外の家族)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



前回、第58回


<プロセス④>
Aさんが、発言しました。
Bさんは、Aさんのこの発言を、よく聴く!


発言には、つぎの三つが、含まれています。
(1)気持ち(感情)・・・<喜怒哀楽。他、無数>。
(2)願い・・・<・・したい、したくない。 無数>。
(3)意見・・・無数。


音声だけでなく、表情、しぐさも、よく見る!


Aさんの眼を見ながら!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回、第59回


<プロセス⑤>
Bさんは、Aさんの発言を、確認する。


解説
このプロセスは、とても大切なプロセスです。


驚いた事に、人間は自分が相手に話した事を、自覚していないことが多いからです。


今の場合、Aさんは、Bさんから確認される事によって、自分の発言を、よりハッキリと知ることが出来るのです。



Aさん「今日は、天気がいいから、家族でハイキングに行かない?」。


Bさん「あなた、家族でハイキングに行きたいの?」。


Aさん「そうだよ!」。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


コメントをよろしく!

      

    どんぐりおじさん
         takano2424@sky.plala.or.jp





           








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。