どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

人間関係とコミュニ ケーション(第54回)、11月15日~

家族の人間関係は、<気持ち(心)の交流>によって、少しずつ、豊かになって行くでしょう!


(9)家族関係=家族の幸福を求めて=


                          


(左から)夏男、太郎、いち郎(小6)、いち子(小3)、花子冬子
       (住まい)祖父母・・はなれ。 その他・・母屋。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


(6)家族関係におけるコミュニケーション
      =そのプロセス=   
   


<プロセス①>
六人、全員が、次の三つを、しっかり認識しよう。


(1)瞬間、瞬間、湧き起こる、自分の気持ち(感情)。
*ポジティブなもの。
<嬉しい、楽しい、好きだ、・・・>。
*ネガティヴなもの。
<怒り、悲しみ、不満、恨み,つらみ、イヤだ、嫌いだ・・>



(2)瞬間、瞬間、湧き起こる、自分の願い・欲望。
(2-1)自分の願い。
<聴きたい、話したい、遊びに行きたい、殴りたい、逃げ出したい、・・・>。(その反対)。


(2-2)欲望。
<食べたい、キスしたい、ビールを飲みたい、・・・>
   (その反対)。



(3)自分の意見。




さて、皆さん!
<プロセス②>として、適切なものは何でしょうか?
どうぞ、ご意見をお知らせください。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


      *ナイス、コメントをよろしく!


     どんぐりおじさん
                        takano2424@sky.plala.or.jp

           







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。