どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

人間関係とコミュニケーション (第27回)

8)夫婦関係(その1)


       



(8)夫婦関係(つづき)

(8-1)<夫婦関係>の定義
(8-2)二人の関係を、理想の関係に近づけて行くための条件(つづき)


(イ)対話の回数が、多いこと。
(前回は、ここまで)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 (今回は、ここから)。


一方が、相手の発言に含まれている<持ち>を、感じ取ること。


これは、誰にとっても、非常に、難しいことです。
毎日が、トレーニングです。


人間の発言には、かならづ、<二つの要素>が、より糸のようになって、含まれています。


このことを、書いた論文を、私は、一件しか知りません。
コミュニケーション・対話において、最も重要なこのことが,一般には、発見されていないのでしょうか?
私の勉強不足で、私が、知らないだけなのでしょうか?



二つの要素>とは、


①事柄・内容
気持ち


気持ち>とは、
一瞬、一瞬、自分の心に、湧きあがっては、消えてゆく<願い>です。


例えば、<嬉しい、楽しい、悲しい、好き、キライ、つらい、憎らしい、怒り、お腹すいた!、え?、 何?、・・・>。
<・・・したい、・・・したくない>。




例)今、女性が、男性に、発言しました。


女性「あなた、やっと、雨が降ってきたわよ!」。


この発言が示している内容・事柄は?・・・字に書かれていること、そのもの。
<空から、雨が、落ち始めた>という事。



この発言に含まれている<気持ち>は、


(1)「今、私、うれしいの」(喜び)。
(2)「私が、喜んでる事を、あなたに伝えたいの」(伝えたい、と言う
願い)。



男性は、女性の<この二つの気持ち>を、感じ取って欲しいのです。
(1)「彼女は、今、
喜んでいるんだなー」。
(2)「彼女は、自分が喜んでいる事を、オレに、
伝えたいんだなー」と。





(ハ)その時、その時の、自分の<気持ち>を、コトバで、相手に、伝えること。発言すること。


いちいち、コトバで言わなくたって、相手は、感じてくれているさ」。


これは、ダメです。
相手頼みの、思い込みです。
怠慢では?
愛情不足では?


大事な気持ちは、コトバで、相手の顔を見ながら、ハッキリと、伝えて下さい!


「うれしいは!」。「イヤだは」。「抱て!」。・・・・・。


「僕は、疲れてるんだよ」。「うれしいなー」。「困ったな」「夕食は、うどんにしてよ」。・・・・。



その時、その時の、自分の<気持ち>を、コトバで、相手に、伝えることは、誰にとっても、非常に難かしいことです。なぜでしょうか?


その時、その時の、自分の<気持ち>を、自分が感じ取っていることが、前提条件だからです。
感じていなかったら、伝えられないのは、当たり前ですよね。
感じ取るには、かなりの
感受性集中力が、必要ですよね。
ところが、私達は、感受性も、集中力も、そんなに強くはないのです。
一体、一日に、何回、正確に、自分の
気持ちを感じているでしょうか?



感受性集中力を向上させるためのトレーニングを、毎日、続けて下さい。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


    *ご意見、ご質問を、よろしく!


      donguriojisan


           

     メール     takano2424@sky.plala.or.jp
    ブログ   http://donguriojisan.muragon.com/



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。