どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

人間関係とコミュニケーション (第22回)

気持ちの交流のみが人間関係を豊かにし人間を幸福にするでしょう



(7)の人間関係


(7-6)母親の性格上の問題=ケース・スタディ=(さいご)


(二)世話を焼きすぎる母親(さいご)


私は、これまでに<母親と子供>の健全な人間関係を築くために、望ましくないと思われる<母親の性格>を取り上げ、検討してきました。

しかし、これらの性格以外にも。いくつかの望ましくない母親の性格があります。

たとえば
疑い深い。自己主張が強すぎる。薄情。意志薄弱。子供の成長に無関心。無口。すぐ邪推する。意地が悪い。かんしゃく持ち。心配を、しすぎる。不真面目。

これ以外にも、あるでしょうか?


これらの性格(情動)は、多くの人が、多かれ少なかれ、持っていると考えられます。
問題になるのは、これらの性格(情動)が、強すぎる場合です。


その場合の<母親と子>の人間関係とコミュニケーション・対話の検討は、省略したいと思います。
それは、これまでの検討の方法を応用して考えて頂ければ、充分、その問題点と、その解決方法を、ご自分で見つけ出すことが出来るに違いない、と推測されるからです。


もし、私の考えをお知りになりたい方が居られましたら、お気軽にコメント下されば、かならづ、返信致します。


今回で、<母親の性格上の問題>を終わります。


次回より、<子供の性格上の問題>を研究しましょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


      どんぐりおじさん

     


メール   takano2424@sky.plala.or.jp 
ブログ       http://donguriojisan.muragon.com/







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。