どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

人間関係とコミュニケーション(第9回)


(7)<母と子>の人間関係(その3)


(7-4)<甘え>から、何が起こるでしょうか?


  <甘えから、<母と子>の関係に、対立葛藤緊張 トレスが生じるでしょう。

 両方に、ネガティブな感情、すなわち、強い不満怒り しみ苦しみ悩み恐怖、などが、起こると思います。


 必ず、こうなると思います。

 なぜなら、ふたりが、お互いに、無理な注文を出し合い、注 文したものが、手に入る事を、期待し合っているのですから 
 これは、母親が、歯のない赤子に、「この硬いセンベイを、 食べなさい!」と要求しているのと同じことです。
 赤子にとっては、とんでもない無理な事を、母親から要求さ れているのです。

 
 ここで、誤解のないように、念のため、もう一度、述べたい 事があります。

 それは、母と子に、年齢制限は、ない、と言う事です。
 なぜなら、今、私達が考えているのは、ふたりの心理状態な のですから。

 母親、60歳。子供、30歳でもよいのです。 
 母親、28歳。子供、5歳でもよいのです。
 
 
 本題に戻ります。


 結局、<母と子>の人間関係は、こじれ、混乱し、コミュニ ケーション(対話、通信)は、うまく出来ないでしょうで  しょう。


 通信装置に例えるならば、ふたりの発信機と受信機が、かな り壊れているのです。

 電波の送信、受信が、うまく出来ないのです。

 最もこじれたばあいには、どちらかが、または、二人とも  が、心・身の病気になることも考えられます。



 

 しかし、あまり心配しないで下さい。


 この混乱した<母と子>の人間関係は、二人が(或は、一方 が)、あせらずに、コツコツと努力すれば、改善することが 出来るのですから。


 人間は、誰でも、生まれた時から、自分自身を、健全な方向 に育ててゆく能力を持っているのですから。

 
 さて、あなたは、どうすれば、改善できると、お考えになり ますか?



 次回から、具体的な改善策を研究しましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 
コメント、ナイスをよろしく!!

                   

          どんぐりおじさん



    メール   takano2424@sky.plala.or.jp
       burog          http://donguriojisan.muragon.com/



       









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。