どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

人間関係とコミュニケーション (第5回)


(6)対話の場で、何を伝えられるか?

    

       

        Aさん         Bさん


 
Aさんは、Bさんに、何を伝えることが出来るでしょうか?


(1)Aさんの気持ち(感情)を伝えることが出来ます。


「うれしい」、「楽しい」、「おいしい」、「いやだ」、「好 きだ」、「きらいだ」、「心配だ」、・・・・。



(2)Aさんの願い、希望、期待を伝えることが出来ます。

「やってほしい」、「やめてほしい」、「喜んで欲しい」、「お金を頂戴」、「パンが食べたい」、「ビールが飲みたい」  ・・・・。



(3)Aさんの考え、知識を伝えることが出来ます。


 「ほうれん草は、ビタミンAが多く含まれていて、健康に良  い」、
 「道徳教育が強化されている。これは危険だ」。
  ・・・・・・。



 この三つが、キチンと分けて話されることは、滅多にありま せん。大抵は、いくつかが、より糸のように、混ざっていま す。


 ですが、出来れば、Aさんは、自分が、今、上の三つのうち の、どれを、Bさんに伝えようとしているのか、伝えたいの か、を自覚している事は、とても大事なことです。


 なぜなら、もし自覚していれば、伝えたいことが、Bさんに 伝わるまで、何度でも、繰り返して伝えるエネルギーが湧い てくるからです。


 また、自覚していなければ、自分が、何を伝えようとしてい るのか、だんだんボケてきて、対話が迷路に入ってしまう可 能性も高くなります。



 Bさんは、Aさんが話しかけて来たときに、Bさんが、この三 つの内の、どれを話しているのかを、キャッチすることが大 切です。



 ここに書いたことは、どれもこれも、誰にとっても、非常に むつかしい事です。


 この世に、対話ほど、むつかしいことは、ないでしょう。


 毎回が、トレーニングのつもりで訓練し、話す力、聞く力、 を高めましょう!
 そうすれば、だんだんと<通じ合える対話、コミュニケー  ション>が出来るようになり、二人の人間関係は深まり、楽 しい、有意義な生活が出来るようになるでしょう!


 コツ、コツと、あせらず、あきらめづ、マイペースで、努力 しましょう。


 ここにこそ、生き甲斐が、あるのですから!!

           






   


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。