どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

人間関係とコミュニケーション (第1回)

(1)まえがき


 人間の生活は、いろいろな人との、関係で出来上がっていま す。自分と他人との関係の中で、出来上がっています。生ま れた時から、そうなっているのです。そうならなければ、人 間は、生きて行くことが、どうしても出来ないのです。


 親子関係、夫婦関係、嫁舅の関係、先生と生徒の関係、友達 同士の関係、隣近所の人との関係、職場でのいろいろな人と の関係、・・・・・。


 これが、人間関係です。
 私達は、これらの人間関係を避けて生活することは、決し  て出来ません。


 年齢に関係なく、人間関係が始ります。


 最初の人間関係は、母子関係です。
 赤ちゃんは、オギャー!と生まれた時から、母親との関係が スタートします。母子関係が、かならず、スタートします。
 スタートしないと、その子は、生きる事が出来ません。


 年齢が進むにつれて、その時々の、その人なりの、人間関係 が起こります。


 このような、多くの人間関係の中で、何が行われるでしょう か?


 それは、コミュニケーションです。対話です。


 このコミュニケーションが、健全であるか、どうかによっ  て、人間関係が、うまくいくか、こじれてしまうかが、決ま ります。


 人間関係が、うまくいけば、人間は、幸福な、快適な生活を
 送ることが出来ます。


 人間関係が、こじれれば、人間は、不幸であり、スッキリし ない生活を送らねばなりません。

 私は、これから、人間の幸・不幸を左右する、一番重要な<人 間関係>と<コミュニケーション>を研究したい考えます。


 どうすれば、あなたが、健全な人間関係を築き、快適な生活 を送ることが出来るかを、研究したいと考えます。


 皆様からのコメントを頂きながら、皆さんとご一緒に、研究 したいと考えます。

 どうぞ、よろしくお願い致します!
     (2017-7-4、どんぐりおじさん)





 



 



 






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。