どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています

 対話・中心の<新・家庭教育論>(第2回)

  対話・中心の<家庭教育論
       (0歳~100歳)


       


おことわり!
 これからお読みいただく本文では、今、これを読んでいる方を「あなた」と呼ばせて いただきたいと思います。やや、違和感があると思いますがお許し下さい。
 「あなた」以外の人称では、私とあなたが、直接、お話をしている感じが、薄れてしま い、私はイヤなのです。


 今、これを読んでおられる方が、お母さんなら、「あなた」は、「お母さん」を指しま す。もし、お父さんなら、「あなた」は、「お父さん」を指します。・・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 では、これから<家庭教育論>を始めます。


【Ⅰ】基本的なこと


 (1)子供は、あなたをどう思っているでしょうか?


   これはとても重要なことです。なぜなら、あなたが<   供が、あなたをどう思っているか>を知る事によって、   子供に向き合うあなたの姿勢・態度が決まって来ると思   われるからです。


   子供は、あなたを、次の様に思っている、と私は思うの   ですが、いかがでしょうか?


    あなたのことが、大好きだ。 
    あなたの言うことや、やっていることは、いつも正     しい(小学3年生位まで?)。
    
あなたの言うことや、やっていることを、真剣に観     察ている。

                      
 (2)子供は、あなたに何を望んでいるでしょうか?


   あなたが、これを知っている事は、(1)と同じよう    に、非常に重要です。


    優しくしてほしい。
    
ほめてほしい。
    
好かれたい。
    
喜ばせたい。
    
いつも、自分を、誠実に見ていてほしい。
    
いつも、自分の話を、誠実に聞いてほしい。
    
自分が、やりたいことを、好きなだけ、自由にやら     せて欲し
い(自分の好きにさせて欲しい)。
    
その時々の、自分の気持ちを、感じて欲しい。



  あなたが、子供の<このような願い>を、精一杯、かなえ  てあげることが、<心身ともに、健全な、元気な子供>を育 てるに違いない、と私は確信しているのですが、いかがでし ょうか? 

 私のこの確信は、多くの、おとなと子供の関係を、実際に観 察して得られたものです。
 頭の中で、考えただけで、得られたものでは、ありません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コメントをよろしく! (どんぐりおじさん


         

       メール   takano2424@sky.plala.or.jp
        URL    http://donguriojisan.muragon.com/







 


 
   

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。