どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

教育新聞 (第75号)


   人格養成のための<教育学>         =対話による、生徒中心の教育=

          

 


   「あなたは、こんな時、どうしますか?」(つづき)
        =ケース・スタデイ=


(13)数人の生徒が、休み時間、グランドで遊ばない時。

 私は、生徒の体力をつけるため休み時間、特に、昼休み  には、全員が、グランドや体育館に行き、暴れるように、勧 めています。

 大部分の生徒は、喜んで、教室の外に、出てゆきます
  
 でも、数人外に出て行きません。折り紙、オシャベリ、 読書、漢字の勉強などをやっているのです。


 私は、くりかえし、くりかえし、「体が丈夫じゃないと、す ぐカゼをひいたり、疲れちゃったり、自分が困るんだよ」と 話すのですが、判ってくれないので困っています。


 どうすれば、外に出たがらない生徒が、外で運動するように
 なるでしょうか?


さー、こんな時、あなたは、どうしますか?  なぜ、そうするのですか?

           
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 コメントをよろしく!(どんぐりおじさん
          メール  takano2424@sky.plala.or.jp
          ブログ  http://donguriojisan.muragon.com/


                                               




            


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。