どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

教育新聞(第73号)


  人格養成のための<教育学         
   =対話による、生徒中心の教育=

           



「あなたは、こんな時、どうしますか?」(つづき)



 (11)生徒が、宿題をやって来ない時。
   

       

 私は、この図のように、怒りません。


 私は、原則として、宿題は出しません。
 家では、勉強より、外で遊んで欲しいからです。

 授業の進度が遅れてしまい(これは私の責任です)どうして  も仕方がない時だけ、全員に、宿題を出します。
 特定の生徒だけには、決して出しません。


 私は、このように考えているので、宿題をやって来なかった 生徒が、引け目を感じないように注意しながら、全員に、次 のよう言って、宿題を集めます。   


 「宿題をやってきた人だけ出して下さい。いつも言ってるよ うに、宿題をやって来る、来ないは、各自の自由です」。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 コメントをよろしく!(どんぐりおじさん
          メール  takano2424@sky.plala.or.jp
          ブログ  http://donguriojisan.muragon.com/


            




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。