どんぐりおじさんの<人間関係論>

教育学者。教育学を中心に、人間関係論やコミュニケーション論などに関する私案を、いろいろ書いています。

人間関係とコミュニケーション(第44回)・・10月13日~

夫婦の人間関係は、<気持ち(心)の交流>によってのみ、少しずつ、豊かになって行くでしょう!


(8)夫婦関係(つづき)
                                                                     

                                                                      



 (8ー7)離婚

人間としては未熟で、しかも、何もかも違う(いや、少しは共通点もあるはずですが)男女が、一緒に、長いこと生活を共にしていれば、「もう、どうしてもこの人とは、一緒には、生活していくのは、イヤだ!!!」と、一方が、あるいは、両方が、感じても不思議ではありません。


しかし、一大事です!


こんな時、二人は、どうしたらよいでしょうか?


こんな時こそ、コミュニケーション(対話)が必要なのです。



そんなに、年中、私に意地悪をしないで頂戴!」。
毎晩、毎晩、酔いつぶれて、真夜中に帰ってくるの、もう
止めて頂戴!!!」。
浮気しないで!」。



「いつも、いつも、俺に文句ばかり言うのは、やめてくれ!」。
「食事位、きちんと作ってくれないかなー! 店屋物ばっかりじゃ、いいかげん、イヤになっちゃうよ!」。



このように、本心を打ち明けて、真剣な話し合いを続けても、相手に改善が起こらない時は、残念ですが、<離婚を決断する>のが賢明だ、と私は考えます。



この場合、協議離婚が望ましい事は、言うまでもありません。


しかし、一方が、離婚に同意しない場合は、どうするか!!

じっと、がまんして、夫婦関係を続けようとする事は、賢明ではないでしょう! そんな生活が楽しい訳がありません!続く訳もありません!



精神的に、既に破綻してしまった夫婦関係を、ずるずると続けないで、思い切って家を飛び出し、別の生活を始めることが賢明でしょう!



自分の人生は、自分のものです。
他人のものではあいません。
自分の好きにしていいはずです。
自分が、自分の好きにすることは、誰にでも許されるべき事です。

離婚を、後ろめたく感じる必要は、何処にもありません。
離婚を、失敗と考える必要は、何処にもありません。

堂々と、離婚しましょう!



私は、このように考えるのですが、いかがでしょうか?




これで、夫婦関係の研究を終わります。
ご愛読ありがとうございました。
ご質問、ご感想を宜しくお願いします。メールでも結構です。

何かしら、あなたの心に残るものがあったなら、それこそ何より嬉しく思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    *ナイス、コメントをよろしく!


                                 どんぐりおじさん
                         takano2424@sky.plala.or.jp


                                    

  








 


                              







                 








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。